>> タイツアーはこちら <<

チェンマイ「傘地蔵」

インター仏像

チェンマイというと、どこに行っても日本の和傘のようなカラフルな傘が飾ってあります。チェンマイ旧市街の寺を見ていると、たぶんチェンマイにしかない仏像だと思われる、傘を担いだ仏像がありました。トウモロコシにしては大きすぎるのでこれはやはり傘ですね。この人はルアンポーインターという僧で、傘の作り方を伝授したお坊さんらしいです。しかもチェンマイの傘の名産地が「ボーサン」とは「坊さんがボーサンで傘を作った」というよくできたネーミングです。日傘の下で傘を担いでいるのでダブル傘地蔵ですね。


>> タイ観光 はコチラ